婆子焼庵


銀山温泉 洗心峡

  《ある老婆が修行の僧に草庵(いおり)を建ててやり、仏道修行が成就するようにと何くれとなく面倒を見ていました。出家の僧を供養するのは信者のつとめでもあります。老女は若い女性に命じて僧の世話をしておりました。年月も経ちある日老婆は孫娘に「あの修行僧も相当修行も進んで力量も出来てきただろう。ここでひとつ、お坊さんのところにいって誘惑してみよ」と言いつけました。
 いわれた通り娘は修行僧に抱きついて、懇ろな言葉をかけてみた。すると、僧は決然として女性をつきとばし「枯木寒厳に倚って、三冬暖気なし」と言い放ちました。つまり、その僧は「触るでない!女などに興味はないぞ。私は冬の巌にたつ枯れ木のように、私の心は少しも動かない」といい、娘の手を払いのけたというんです。
 老婆は娘の話を聞いて、たいそう怒って、修行僧を庵から追い出してしまった。それだけでは足りず、老婆は草庵まで焼きはらってしまった》


 という内容の「婆子焼庵(ばすしょうあん)」の公案があります。
 彼の修行僧は娘の誘惑をものともせず見事に払いのけたのですから、修行僧はなかなかの行力と思うでしょうが・・。 なぜか老婆はそのまじめな修行僧を追い出してしまったのです。 のみならず、修行僧の草庵を焼き払ってしまったというのはどういうことなのでしょうか。

 与謝野晶子の有名な歌集「みだれ髪」に「柔肌の熱き血潮に触れもみで寂しからずや道を説く君」というのがあります。女の熱き柔肌にも触れず知らず、ひたすら清浄に持戒堅固の清僧などとは可哀想! ( 実は晶子の恋心なのかも ・・ ) と言われて −− それもそうだ、女の誘いを無視するなど男として甲斐性がない!それに自分のこころを偽って、見事に払いのけるなどとは素直じゃない! ・・と、その修行僧が誘いに応じてしまったらどうなんでしょうか? そうすれば追い出されずに済んだかどうか ・・・。
 白隠禅師は、弟子が得意そうに 「私なら、その場で抱いてしまいます」 と言ったのを聞いて、即座に破門にしたといいます。−− 素直な煩悩増幅ならば当然のことでしょう。かといって、僧としての持戒を知りつつも、きっぱりと断れない優柔不断の対応をすれば、歌舞伎・浄瑠璃・映画等で有名な「安珍と清姫」の物語のようになるかもしれない。「愛欲」「執着心」とは情念、哀歓を越えて蛇の道となってしまうことは古も今も変わらぬこと故に共感を覚える物語となるのでしょう。
 
 さて、話しを戻します。 昔、ある儒者が仏者に訊ねた。「拙者は生来酒が三度の飯よりも好物じゃが、極楽にも酒はありますかな。酒のないような極楽なら拙者はまっぴらじゃ」 仏者が答えた「昔あるところに白い犬と黒い犬がいたそうじゃ。犬の社会では白い犬は人間に生まれ変わるという伝説があってな、黒い犬が白い犬に向かって「おぬしはしあわせものじゃのう。来世は人間に生まれるんじゃぞ。きれいな着物を着てしゃなりしゃなり立って歩けるんじゃ、結構なことじゃ」と言ったら、白い犬が声をひそめて「一つ心配なことがある、わしはあの糞というものが一番好物じゃが、人間になってもあれが食べられるじゃろうか」と言ったということじゃ。貴殿が酒が飲めるかというのは、まずそんなものでござろうかな」・・・ という示唆がある。
 この手合いは尚も、「好きな女と一緒になれれば宗教なんか必要ないんじゃないか、俺はそう思う。宗教というのは不幸なものが不幸をごまかすためにすがるものであって、好きな人と結婚して、身体が達者で、うまいものを食べられる生活なら宗教は必要ないだろう」とのたもう。
 こんな話もある・・むかし、ある本山から東京の大学へ仲の良い二人が遊学した。下宿の近所にすこぶるべっぴんな娘がおって、若い二人は井戸つるべのように出入りするようになったそうだ。その一方が見事に射止めて博士にはなるし美人は手に入れるし意気揚々として故郷に錦を飾ったそうだ。だが、その後は一向発展もせず終わってしまった。ところが、失恋の苦杯を味わった方は、悶々やるかたなかったのか、爾来黙々と坐禅に励んで遂に一派の最高位まで上ってしまったという話がある。・・・ いったいどちらの人生に真の価値があったであろうかと。

 坐禅堂のことを枯木堂(こぼくどう)ともいいます。黙して並んで坐っているところなどは、凡人から見ればまるで枯れ木の林のようなものに見えるでしょうが、禅は決して枯木のような人間をつくるものではない。むしろ、どんな境遇においても、どんな場所においても生き生きとした優しさをもった人間を育てるものです。この活機用を育てるのが禅なのです。枯れ木のように心を動かさず、見ざる言わざる聞かざると早合点し、流れる水が氷結するような「虚無的静寂心」ならば「慈悲心」「柔軟心」とは隔たってしまう。執着しないということに執着して、生き生きとした働きのないさまであっては禅病になる。この修行僧に「老婆心」があれば 「枯木寒厳に倚って、三冬暖気無し」 などと小賢しいことは言わなかったでしょう。 他人と会うときには他己を見、他己を経験しているもの。他を傷つけることは自己を傷つけることになる。枯れきった冬木立でさえ、こがらしが吹けばビュウビュウと龍吟を発するように、泣いてる人に会えば共に悲しみ、うれしいことには共に笑う揺らぎが人生の融和の妙であり、その揺らぎように人格が出るというものでしょう。
 しかしながら、三冬暖気無き境地をつかみ得ることも至難の業です。平常心で好意を受けとめ、相手の面子を潰さないようお断りできるかどうか・・

銀山温泉 白銀の滝

 「煩悩無尽誓願断」という「断」とは断つという字ですから、性欲を否定しているようにも思うでしょうが、泥中でなければ蓮華は咲かないように泥も大切な命の基なのです。「戒」というのは 「何々するな」 という禁止条項ではなく、仏祖の道を正しく行じる教えです。戒を受け、戒を守ると誓い行じることが仏行であり仏道です。つまり、仏祖の道を正しく行じる生活をするということは、不殺生も自然に守られることであり、盗むというようなこともなく、嘘、偽りを計るというような煩悩増幅の悪縁は自然になくなるということになります。道元禅師のお示しを伝える「教授戒文」の「不貪婬戒」については、「三輪清浄にして希望(けも)する所無ければ、諸仏同道なるものなり」、というお示しになるわけです。三輪(さんりん)とは施者、受者、施物(あるいは身・口・意の三業)です。三輪が清浄であるように、行いを正しながら振る舞う行持によって、婬を貪るということもなく、それはそのまま諸仏と同じ生き方になるのです。この「貪り」を考える時、どこまでが許されてどこからが貪りになるのかということも課題になりますが、道元禅師は、そこのところを「へつらわざるなり」と示されておられます。

 禅宗では煩悩を克服するために「無念無想」を示します。しかし、煩悩を克服せんとして、煩悩にこだわるのでは煩悩そのものになる。 大本山総持寺御開山様の「瑩山禅師法語」には「無念無相一念不生と云は、念をやめ、妄想をのぞいて、木石の如くなるを、無念無想と云うには非ず」と示されます。「念をやめ、妄想をのぞいて、木石の如くなる」ということは、「・・・の如くなる」になろうという念が作り上げた感覚的なものであり無念無想というものではない。「・・・の如くなる」というようなものは妄想であり、自己陶酔のなにものでもない。宗門の修行とは凡夫が自力でもって修行して仏になろうとするものではないのです。道元禅師は、「坐禅して見性する」ということは申されません。坐禅に限らず焼香礼拝も念仏懺悔も乃至食事も作務も、「今」のこの時を絶対価値の水準に高めるものといえるでしょう。坐禅するときにはただ坐る、坐っているそのままが仏さまだと示されるのです。だからといって、坐っているそのままが仏さまであるそうだなどと考えたらそれは雑念になる。 過去も未来も前後際断して只坐る。念も妄想もそのままに、苦しい環境もそのままに只坐るところの坐禅が「煩悩即菩提」への近道といえるでしょう。