「節分」「追儺(ついな)」の由来

 「福は内福は内、鬼は外鬼は外、天に花咲き地に実なれ、鬼の目ン玉ぶっつぶれろー」 

 節分という言葉は、”季節が分かれるとき”という意味ですから、本来は立春、立夏、立秋、立冬などの前日はすべて節分ということになります。ところがいつの頃からか明確ではありませんが、もっぱら立春に限っていうようになりました。
 もともとは中国から伝えられた習俗ですが、我が国でも広く行われるようになり、さらに春を迎えるにあたって邪気や災難を払い、新しい年の豊作・福善を願ったことから、節分と追儺(ついな)の習俗が生まれたようです。
 追儺(ついな)の行事は「鬼やらい」「なやらい」「鬼走り」「厄払い」「厄おとし」「厄神送り」等と俗に称せられ、疫病などをもたらす悪い鬼を駆逐する行事をいいます。我が国で、この追儺(ついな)の行事が行われたのは、文武天皇の慶雲三年(706)に宮中で初めて営まれたことが「続日本紀」に書かれています。その記事によりますと、慶雲三年には諸国に疫病が蔓延し多くの死者が出たので大いに「おにやらい」したと記述されています。 宮中では官職の者が鬼の姿をして災害や疫病などの災いに見立て、また黄金の仮面に矛(ほこ)や盾(たて)を持った者が豆を撒きながら悪魔悪鬼を追い払い新しい年を迎えたといいます。


 後世になりますと、一般の神社やお寺でも節分の夜に豆まきが行われるようになりました。江戸時代になると宮中の行事ではなくなり、民間で広く行われるようになり今日に至ります。豆まきの方法も地域によっていろいろな風習がありおもしろいものです。

 山形市史の生活・文化欄には、豆まきの際「福は内福は内、鬼は外鬼は外、天打ち地打ち四方打ち、鬼の目ン玉ぶっつぶせー」と大声で唱えるとあります。この豆は災難よけになるといってとっておき、山へ行く時や遠出の時に食べます。また自分の年の数だけ食べると、福が授かると信じられています。神を恐れ自然を敬う姿勢がうかがわれます。
 一般的には「福は内、鬼は外」というのが普通のようですが、東京雑司ヶ谷の鬼子母神では「鬼は内、福は内」といいます。「鬼は外」といえば祭神を追い出すことになってしまうからです。
 同じようなとなえごとは山形県山辺町にもあります。JR山辺駅から北西に約3キロ山辺町大寺地区に「鬼の目」という処があります。この珍しい地区の由来というのは 《昔、赤鬼と青鬼が隣村の黒鬼にいじめられていたのを村の男が助けた。二匹の鬼はお礼にと片目をそれぞれくれた。一つの目は天を見る目で天候を早く察知できる。もう一つの目は地を見る目で水のわき出るところが分かるという重宝なもので、村は豊作となり潤ったというのです。そして男亡き後、村人はその二つの目玉を岩の中に埋めて霊を慰めたという。以来岩肌には丸い石が増え続け、後の世も村人達の目には鬼の目のように映ったことからこの地名が生まれたという。》 以来、鬼の目に住む人達にとって、節分で豆まきをするときのかけ声は「福は内、鬼は内、鬼はござんしょう(よくいらっしゃった)」という豆まきをする習慣が昔から伝わるとい言います。
 さらに、奈良県吉野山の蔵王堂においても、「福は内、鬼も内」というそうです。こちらの場合は、鬼を集めて、お経の功徳、仏の力で改心させようというのです。
 法縁ある西村山郡大江町の巨海院の本堂屋根には150cm以上もある木彫りの面がかけられています。「悪いことをすると巨海院の鬼に食われるぞ」と子供に話す親の姿は今でもかわらないようです。「魔よけの鬼」であって「悪鬼」ではないのですね。それを、裏付けるように、山形市漆山の真壁さん宅の節分行事では、他の家々で豆まきが始まる頃、他家から追われた鬼を門まで出迎え、客人を案内するかのように奥座敷に招き、坐布団に坐らせて丁寧に挨拶、酒やご飯をすすめるという行事が今でも行われています。

羽黒山 爺杉と国宝五重の塔

 山形県天童市の若松寺では、豆まきそのものをしないという「鬼やらい」の儀式を営むことで知られています。若松寺では全国の鬼を呼び集めて供養する修正会(しゅしょうえ)がおこなわれます。これは、鬼を一方的に追い出すだけでは真の家内安全につながらず、身を清めて真人間にすることが本当の供養との考え方なのでしょう。和銅4(711)年の開創以来伝わる全国的にも珍しい儀式です。

 一方、当寺での豆まきの言葉はいつの頃からなのか不明ですが、「福は内、福は内、鬼は外、鬼は外、天に花咲き地に実なれ、鬼の目ン玉ぶっつぶれろー」と威勢がいいような、あらっぽい気もする唱え言葉なのです。私が小学生の頃からこの「となえごと」を「当然」のように大声でやっていたものですが、仏教を学ぶにしたがい、「このとなえごとでいいのだろうか」と疑いを持ったこともありました。
 一般的な「福は内、鬼は外」のやり方で鬼を一方的に追い出すだけでは確かに外界は鬼だらけになってしまうでしょう。その点、若松寺の儀式は慈愛のある「鬼やらい」の儀式のように思います。
 ところで、当寺では今年もやっぱり、「福は内福は内、鬼は外鬼は外、天に花咲き地に実なれ、鬼の目ン玉ぶっつぶれろー」と豆まきをした次第ではあります。


 尤も鬼を虐待しているつもりでも、いい加減な気持ちでやっている訳でもありません。
 その根拠たる、鬼の歴史をごく簡単にふりかえってみましょう。
 [日本書紀」斎明天皇7年(661)8月には、大笠をかぶった鬼が天皇の御大葬をのぞき見ているという記述があるようですが、ここでは危害を加える鬼というのではありません。鬼が暴れ出すという記載が見られるのは奈良時代に入ってからのようです。「日本霊異記」や「今昔物語」などには、行きどころのない横死者、祀られない霊といった死霊・怨霊が鬼となって、その場所を訪れた人間に危害を加えるといったタタリとしての鬼の存在が説かれています。
 ところが、室町時代になると、恐ろしい鬼の面影はなく、ユーモラスで逆に人に恵みをもたらすという鬼が登場します。たとえば、「一寸法師」では、一口で鬼に呑み込まれてしまった一寸法師が、針の刀で鬼の腹を突きまくると鬼は降伏します。あわてた鬼は望みの物を何でも出すことの出来る「打出の小槌」を置いて逃げてしまいます。姫君が小槌を振ると、一寸法師はたちまち大きな若武者になり金銀財宝を打ち出し、姫と結ばれハッピーエンドという物語です。
 年中行事の上からも招福的な鬼として、秋田県のナマハゲやヤマハゲ、屋久島のトシノカミ、鹿児島の下甑島のトシドン、沖縄の赤マタ・黒マタなど「邪気を払い幸せをもたらす鬼」が登場します。このように、鬼には「恐ろしい鬼」と「幸せをもたらす鬼(来訪神)」の二種類の鬼が存在することがわかります。

 節分会には鬼に豆がまかれますが、これは中国の習俗がそのまま伝わったものでしょう。すでに、我が国にも米をまいて悪霊を払う呪法がありましたので、豆をまくことが容易に受け入れられたものとみることができます。豆まきをする人を「年男」といい、神仏への飾り付けを勤める縁起の良い役の人のことで、一般家庭では一家の主人がこれにあたります。当寺では豆をまきおわってから、それぞれ自分の年の数だけこれを食べるのは福が授かると信じられているからです。この豆は大事にとっておき、山へ行く時や遠出の時には「災難よけ」として食べるのです。
 また、節分には昔から鰯の頭を柊(ひいらぎ)の枝に刺して、鬼門や門口にはさむ風習があります。悪い鬼は鰯の臭いのと、柊は「鬼の目突き」といってトゲがあるので逃げ出すのだといわれます。鬼門とは北東の丑寅(うしとら)の方角をいいます。そういえば、鬼は牛の角を持ち、寅の皮のパンツをはいていますがこれは偶然なのでしょうか。


羽黒山 国宝五重の塔
 世間一般では生まれるのはめでたいが、老病死は不吉と見てしまいます。しかし、めでたい生だけとって、老病死は捨てようとしてもそれは無理な話です。「福は内鬼も内」と仏教的な理に適っているようには思っても、或いは、懸命に「福は内鬼は外」と呼びかけながらも、実はその本人が「邪鬼」というのでは、「福は自然に逃げてしまい、鬼が常に内でがんばる」ということになってしまうでしょう。「腹立ば 鏡を出して 顔を見よ 鬼の姿がただで見られる」という俗諺もあります。 
 人間の心の中には三匹の鬼がいる。一匹は欲の鬼、二匹目には怒りの鬼、三匹目には愚痴の鬼です。豆まきという祭りは、迷いの邪鬼を追い出してみんながしあわせになれるよう願いが込められているのじゃないでしょうか。近年、豆まき行事が少なくなって、邪鬼がどうも増えているように感じるのですが ・・・


「福は内福は内、鬼は外鬼は外、天に花咲き地に実なれ、鬼の目ン玉ぶっつぶれろー」