焼香の作法について


 焼香は心と身体の穢れを取り除き、清浄な心でお参りする時の作法です。
 まず、座礼の場合、自分の順番が来たら、次席の人に「お先に」というように軽く会釈してから壇前に歩み寄り、壇の三歩ほど手前で座って遺族と僧侶に一礼して座布団に正座します。
 壇の正面の遺影と位牌を見て一礼してから、数珠を持参したなら両手に掛けて合掌します。
 焼香作法ですが、左手に数珠を掛けて右手で焼香をします。回数は、焼香を三回するという場合、「仏・法・僧」の三宝に捧げるという説、又は、三毒の煩悩(貪り、いかり、愚痴)を一つずつなくすという説があります。

 曹洞宗では、まず一つまみの香を右手に軽くおしいただいて焚き、次に香をおしいただかないで焚きます。
 初めに焚く香を主香、次に焚く香を従香といいます。左手はいつも右手を軽くささえて、つまり両手で香を焚く格好になります。そして、都合二回香を焚く訳です。(主香は初香ともいう)「初香枯じて、従香は括ぜず」とされています。初香は沈香で燃えにくいので燃えやすい抹香を添香とする伝統からきたものです。
 「焼香はもともとは香で死体の匂いを消したものですから、焼香を三回もすると、亡くなった人に「おまえくさいぞ」と言っていることになる」という意見もありました。意見の是非はともかく原則は二回であっても大勢の会葬者、弔問者がいる時は一回にするほうがよいでしょう。お香の種類によっては読経の時にのどに刺さりますから、出来る限り良いお香を使ってほしいものです。その焼香の煙と香りはすぺてにゆきわたって、その 部屋もお参りする人の心も皆清浄に清めて、み仏の御徳が無眼に広がって、一切に及びます。

 線香は曹洞宗では普通一本です。丁寧に線香を立てる時には、まず左に一本、次に右に一本、そして最後の一本を軽く押しいただいて真ん中に立てます。合わせて三本となります。線香に火をつける時の心得としては、線香をつけたら、口で消さないで必ず手であおいで消すことです。
 焼香が終わったら、祭壇に一礼して座布団より下りて三歩ほど下がり僧侶・遺族に目礼して自分の席に戻ります。注意すべきは、仏前の座布団に座ったままで、遺族と僧侶に一礼をしないことです。 又、座布団をよけて座す作法もありますが前記事項に気をつければ通常はその必要はないでしょう。

 以上が座礼の焼香作法ですが、立ち焼香の場含も座布団に座る作法以外は同様です。




焼香の偈
 戒香定香解脱香 
 かいこうじょうこうげだっこう 
 光明雲台遍法界
 こうみょううんたいへんほっかい 
 供養十方無量仏 
 くようじっぽうむりょうぶつ
 見聞普薫証寂滅
 けんもんふくんしょうじゃくめつ


 よき香りのお香を焚いて仏さまにお上げするということは仏さまに敬意を表することです。自分の浄心をもって拝むのですから、供養の時や仏菩薩を拝むときにはお花をあげたりお香を焚いたりおいしい食べ物をお上げすることは、自分の大事なものすてきなものをお上げすることによって、その徳をたたえるということです。焼香して礼拝する中に真実の姿をとらえることが仏教の真髄でもありましょう。
 焼香の偈というお経から「焼香の時の心持ち」を示します。

 戒香定香解脱香 人生において「戒」を保つと云うことは最も大事なことです。その仏戒を守りますということを香にたとえているわけです。定香とは禅定(静かな心)の定ということで坐禅のことです。解脱香とはあらゆる煩悩から解き放たれることであり、お香を焚くときに焼香の偈を称えながら仏さまの教えを学び行じていくということです。
 光明雲台遍法界 お香のみなぎる仏さまの世界というものは、その光明があまねく全世界を照らすという意味です。戒香定香解脱香の世界から見れば、どこを見ても仏の世界であるということになります。
 供養十方無量仏とは十方(東西南北・北東・北西・南東・南西・上下)の無量仏にご供養致します。どうぞいい香りをお受け下さいということです。
 見聞普薫証寂滅とは、世界中すべての人が普(あまね)くその薫りに浴して煩悩の心を静め、心豊かで穏やかな世界になりますようにと願うのです。

 仏道とは焼香や礼拝や念仏にしても、いかなる事を為すに付けても、そこに心をいたすということが仏教の本義になっている訳であります。曹洞宗で「威儀即仏法 作法是宗旨」といわれる所以です。