小学生の頃「もしもし亀よ亀さんよ、世界のうちでおまえほど歩みののろいものはない、どうしてそんなにのろいのか」という歌をうたいました。そこからまた歌は続くのです。「な−んとおっしゃるウサギさん。そんならおまえとかけくらべ向こうのお山の麓までどちらが先にかけつくか」 という展開になります。 この勝負の結末は既にご存じと思いますが、ウサギが途中で昼寝をしたために追い越されて亀の勝ちになります。
 兎と亀が競争するこの物語は、ウサギの立場で言えば油断大敵。亀の立場に立てば、足の遅い亀でも一生懸命努力精進すればウサギにも勝てる。人間あきらめずに頑張ればできる、為せば成る−ということを教えているのでしょう。

 ところで・・・

 亀は寝ているウサギをなぜ起こしてあげなかったのか、フエアでないという見方もあるからおもしろい。一方、負けず嫌いな人は「ウサギは途中で昼寝をしないで、ゴ−ルしてから昼寝をしたらよかった」と勝負にこだわる。必死に努力した亀さんには恨みはありませんが亀的努力が「正精進」といえるかどうかを考えてみたいと思うのです。
 亀は歩くのがもともと遅い、一方かけっこの得意なウサギとの競争など比較の分母が違いますから比較すること自体に無理がある。 亀はどうしてそんなにのろいのかと言われて、「何〜とおっしゃる兎さん・・」と挑発にすぐ心を乱してしまう。「人生はいろいろ」という自覚があれば、「おまえはのろい」と言われても、「俺はのろい、それがどうした」という据わりがもてる。
 ウサギも同様であろう。亀に「どうしてそんなにのろいのか」と言うその心は・・ ウサギ自身の劣等感の裏返し、力の足りない人が競争したがるという禅師の言葉もあるように、自分の不満を立場の弱い相手にぶつけているようなもの

 ところで亀に負けてしまったウサギのその後の話をご存じでしょうか。

 負けたウサギが村へ帰ってみると、
 「カメになんぞ負けて、みっともない。よくのこのこ帰ってこれたな。お前はうさぎ村にはおいてやれない。出ていってくれ。」
 こういうわけで、村から追い出されてしまうのです。ところが、ちょうどそのころ、山のおおかみのところから、うさぎ村に使いがきて、
 「子うさぎを三びきさし出せ。」
というのです。うさぎ村は大変なさわぎになりました。
 「どこのうちの、子うさぎをさし出そうか。」
 「うちの子も、ひとの子も、みんなかわいい。おおかみにさしだすことなんか、できるものか。」
 カメに負けたうさぎが、これを聞きつけて村にもどってきた。そして、
 「おれはうさぎ村を追い出されたが、もしおれが子うさぎをさし出さなくてもいいようにしたら、この村へもどってきていいかい。」
 「おまえが本当にそうしてくれるなら、また、仲間に入れてやる。」と村のウサギたちは言いました。
 そこで、亀に負けたウサギは、さっそくおおかみのところへ行きました。
 「おおかみさま。このたび子ウサギを三びき差し出せということですが、あなたさまのお顔がこわいので、みんなこわがって、だれもくるものがありません。つきましては、ちょっとのあいだ、がけの上であっちの方を向いて、すわっていてください。そうすれば、今すぐにつれてきますから。」
 そういうと、おおかみは、
 「おお。そんなことはわけもないわい。」
 といって、がけのはしへ行って、向こうを向いてすわりました。うさぎは、ここぞとばかりせいいっぱいの力を出して、おおかみの背中をけとばしたので、さすがのおおかみも、もんどりうって谷底へ落ちてしまいました。
 「大成功、うまくいったぞ。」
 こうして、子ウサギ三びきはさし出さなくてもよくなったので、亀に負けたウサギは、また村のなかまのところへ、帰ることができるようになりましたとさ。

   どんぺんからっこねえっけど・・・


 ところで、ある有名仏教評論家は「競争は悪である」「運動会の競争でもいやでいやでたまらない子もいるのだから、順番などつけるべきじゃない」という極論を振りまわすから、ある小学校の運動会では早い人が遅い人を待って一位もビリも皆一緒に手をつないでゴ−ルをするというような変なことが起こる。勝ち負けにこだわれば心のバランスは崩れるが、「競争心」も内に秘めれば目標ややる気になる。負けたとしても自他の向上をたたえ、相手の喜ぶ顔を見て自分も喜ぶことの中に人生がある。社会にある相対的な比較基準と、絶対的な基準を個人の中で統合する教育こそが大切なところであろう。失敗や苦労もしっかり自分と向き合うことで自分の大きな力になるし、楽な人生には感動もなくなる。
 更に注釈を加えます。
 道元禅師は修行の態度として「動静を大衆に一如す」「群を抜けて益なし」と示される。僧堂の集団生活とは食事や作務、寝起きも共にしますから、各自が勝手に行動したのでは滅茶苦茶になる。集団生活では動静を一如にすることこそ大切なところ。けれども、どこかの寮のような規律とは本質的に違う。寮においてならば、他人が寝た後でもがんばって勉強する。他人が一時間頑張るならば自分は二時間頑張ることで他人をしのぐことができる −− そんな指導法もある。 しかし、本山道場では皆が寝てから一人勉強をすることは許されない。本山では坐禅修行でさえも勝手な行動は許されないのです。「動静を大衆に一如す」とは「威儀即仏法 作法是宗旨」であり、威儀が「仏行」の行持から云えば、他人が寝ている間に努力をして、人よりも早くゴ−ルに達しようとするのは、感心なようなことであるけれども実はぬけがけの功名をねらうような根性ということにもなる面を戒めるのです。一斉に起き、一斉に坐し、一斉に食事する。・・・ そのプロセスこそ「仏道」ということになるのです。
 渋柿はそのままでは渋くて食べられないが、皮をむいて天日に干したり焼酎に施すと甘みに変わる。渋柿は条件によって変わる柔軟性があるのに対し、「梅」の場合には条件を変えてもなかなか変わらない。梅は砂糖で煮ようが塩漬けにしようが頑固に本来の酸っぱさを失うことがない。この渋柿と梅を比べてどちらがいいか悪いかなどは戯論です。他と比較しないで自分を活かすことこそ絶対的価値の基準といえるでしょう。冬期間毎日使う除雪機にはカメさんの除雪モードとウサギさんの走行モードがありますが、どちらのモードも欠かせないものです。ウサギにはウサギの亀には亀の本分として自分の花を精一杯咲かせていければいいなと思います。
 食事や作務、睡眠がどうして仏の威儀になるか −− それが修行のねらいです。