夏スイカ日本一の尾花沢から
「真夏の元気を一年中」

top もとなりとは 尾花沢スイカへのこだわり 会社概要 食品関連業者の方へ 夢ファクトリー
   
 
 
  
尾花沢すいか糖  

商品特徴

 

保存料や添加物を一切使用せず、直接還元糖を主とした成分からなるため、甘いものがやめられない方や、体のことを気にしている方にお勧めです。赤い実の部分以外はもちろん、
すいか以外の混ぜ物を一切使用していないため、
甘くて苦味のない、飲みやすく長続きのできるのが特徴です。
原 材 料
賞味期限
内 容 量
販売期間
西瓜(山形県尾花沢産)
常温保存1年
120g(写真左) / 450g(写真右)
通年
 販売価格 3,150円(写真左) / 9,450円(写真右)
消費税込み・送料別

新発売
すいか糖分包タイプはこちらからどうぞ。。。
携帯に便利。分包だから飲む量が分かりやすい。
待望の分包タイプです。

 




すいか糖ができるまで・・・・
下の@〜Gを見てもらえばわかりますが、最初から最後まで全て手作りでやっているんです。
機械で行えば確かに時間も手間もかからず簡単ですが、それでは昔ながらの「すいか糖」の味が再現できない、
これまでのご愛用者さまに申し訳ない。そんな思いを込めて、あえて手作りに拘りました。
特に熟練された技が必要なDの作業は、気を抜くと一瞬のうちに焦げてしまうので、目が放せません!
本当に美味しくて食べやすい、ご愛用者さまから愛される、日本一の『すいか糖』を目指して、毎日すいか糖つくりをしています。

 
@果汁の絞込み
果肉と果汁を別々にします。
この時の室温約40℃
A果汁を大鍋での煮込み
この時はまだキレイな
ピンク色です。
B小さい鍋に分けで再沸騰
この状態で一気に水分を
飛ばします。
C途中で灰汁取り
手でかき混ぜながら少しずつ灰汁を取って行きます。
Dとろ火で煮込む
煮込みはじめて約4時間後
キレイな飴色になります。
E計量・キャップ
完成したすいか糖を丁寧に
瓶詰めしてキャップをします。
F殺菌消毒
キャップをしたすいか糖を
熱湯に入れてで殺菌処理。
G梱包・出荷
殺菌した瓶にラベルを貼り、化粧箱に入れれば出来上がり。
わずかな量しか取れないすいか糖
みなさんが食べている西瓜のほとんどは水分のかたまり。全体の約90%以上が水分です。
7〜8kgの一玉が尾花沢西瓜の標準サイズだとすると、皮と種を取ってしまえば赤実だけで約5kg以下になってしまいます。
さらにそこから果汁を果肉に分ければ、もともとの大きさの約10分の1ぐらいにしかならないんです。
そこから水分を蒸発させるため、『すいか糖』になるのはほんのわずかな量だけなんです。
当社の計算によれば、7〜8kgの一玉から約100gぐらいの『すいか糖』しかできないようです。

また、西瓜自体の糖度が無ければ、蒸発する水分が多いため、ますます『すいか糖』にできる量が少なくなります。
尾花沢西瓜は、比較的糖度が高いのですが(平均して約12〜13度)、それでも取れるのはわずかなんです。

昔は地元の家庭でよくお母さん達が『すいか糖』を作っていましたが、手間と時間がかかりすぎるのと、出来上がりの量が少ないので、今はほとんど作る人がいないんです。本当に大変なんです。
 

             ●
●●●●●●●●●●●●
             ●
 

 
 
お召し上がり方法
一日2〜3回、スプーン1杯(約5cc)が目安です。120gで約20日分
 
●よく飲むお茶の代わりに少量のすいか糖をお湯で溶いて。
 
●コーヒーや紅茶を飲むときの砂糖代わりに!!
 
●ヨーグルトなどにシロップとして、お好みの甘さに
 
●甘党の酒好きに朗報。焼酎の水割り・お湯割りに少量のすいか糖を。
 
●朝食の食パンにジャム代わりに
 
すいか糖を極めた地元尾花沢の主婦が教える、すいか糖を使ったレシピ集
●注 意 ●
すいか糖は、すいかだけで作られた無添加食品ですが、お薬ではございません。
すいか糖に含まれるカロリーや炭水化物よりは、白砂糖や黒砂糖に比べ少ないですが、糖分の制限をされているかたは、お召し上がりになる前に必ず医師に相談の上、お召し上がり下さい。

使用原料にともなうアレルギー体質の方はご注意ください。
 
スイカのこだわり商品   尾花沢すいか糖 好良香の種 畑の虎 かりんとう すいか飴

すいかせっけん