木の実こども園へようこそ


木の実の目指すこと


木の実の保育内容


木の実こども園のあるところ


入園案内


年間予定

木の実からのお知らせ
 
 


木の実こども園へようこそ

地域でオンリーワンのこども園をめざして

平成16年10月に無認可園として開園した木の実保育園は19年4月1日をもって保育所型としては県内初の認可「認定こども園」として新たに出発し、「木の実」の特徴である行事をできるだけ整理して、保育士と子ども達がゆったり、たっぷり関わり合う保育はそのままに、多様な保育ニーズに出来るだけ応えられるように園の地域開放(育児相談、保育参加、交流広場など)や、保育に欠けない子の受け入れなど、認可園としてはこの地域にない新しい保育形態の先駆けとなりました。そして平成27年度から「幼保連携型認定こども園」としてグレードを上げて、名称も【木の実こども園】として再出発。認可保育園と認可幼稚園の合わさった総合保育施設として地域の子ども達を、親の就労にかかわらず受入れています。 

 

 

平成27年度からは「幼保連携型」認定こども園
「木の実こども園」になりました。

1.入園出来る子ども
  イ、保育が必要な子(2・3号認定こども)
  ロ、それ以外の子 (1号認定こども)
 イに該当する子は保育園 ロに該当する子は幼稚園に入園することになります。
当園はいずれの場合も認可園に該当しますので、保育料は酒田市で定められた
保育料金体系になります。

2.その他入園に関する事項は「入園案内」をご覧ください

3.地域開放事業
・毎週(火・水・木)園開放を行っています。 親子3組まで受け入れ、(出来るだけ多数の方が参加できるように、1組での月間の参加制限があります。)保育に一緒に参加していただきます。給食も一緒に食べられます。(予約制) ・毎日、育児相談を受け付けています。 ・毎月1回、「なかよし広場」で入園前の親子と一緒の交流広場を開催しています。