山形県消防設備保守協会
協会について
  ・会員名簿
お知らせ
  ・住宅用火災警報器について
  ・訪問点検にご注意!
  ・老朽化消火器について

講習案内
  ・法令等に基づく講習
  ・その他の講習
刊行物等
  ・消防関係図書
  ・法令様式(届出書)
  ・防火・防災セイフティマーク

事業案内
  ・点検済表示制度
  ・防火対象物
関係サイトへのリンク
お問い合わせ

>> トップページへ戻る

自主点検報告表示制度

1.対象となる旅館ホテル等

適マーク制度の対象となっていた旅館ホテル等のうち、防火対象物定期点検報告制度(平成15年10月1日開始)の対象外で、消防法令を遵守している旨を表示することを希望するものです。

2.制度開始

平成15年10月1日から

3.表示できるマーク

点検は、点検基準に基づいて防火対象物点検資格者又は防火管理者が行います。
特に防火対象物点検資格者が点検した場合は、が添付された表示となります。
※点検済証は、都道府県消防設備保守協会で入手できます。
防火管理者
による点検の場合
防火対象物点検資格者
による点検の場合

4.点検済証の取り外し

●旅館ホテル等の管理権原者は、次のいずれかに該当する場合は点検済証を取り外さなければなりません。

  1. 消防機関から点検基準に適合していない旨の指摘を受けた場合
  2. 1年に1回点検を実施していない場合

5.点検報告から表示までの流れ

 

一般社団法人 山形県消防設備協会
〒990-2492 山形市鉄砲町二丁目19番68号 山形県村山総合支庁附属棟
TEL:023-629-8477 FAX:023-629-8481
 MAIL:ymsyoho@ic-net.or.jp