本文へスキップ

人も家も、健康・長生き!

TEL. 0234-23-4237

〒998-0838 山形県酒田市山居町1-3-19

イベント & ニュース 持続可能な居住環境、考えてみませんか?


【 住宅は最も身近な環境問題。持続可能な居住・循環型社会への提案 】
木材価格が高騰! 「山を見て、木を伐って、製材して、家を建てる」ことがお勧めです。時間はかけ、じっくり考える家づくりは、ずっと愛着が湧いてきて長持ちします。家族の想いが込められた住宅は、将来に亘って大きな価値をもたらすことでしょう。当会には、製材機械を備えている大工職人や工務店があります。お問い合わせください。
 メルマガ【96回 太陽光パネル義務付け ~東京都】6月20日発行
小池百合子東京都知事は「新築の住宅について、太陽光発電の設置の取り組みを推進していく」と公言。
東京都は、条例で新築住宅に「太陽光パネル設置」を義務付ける方針を固めた。
不都合な真実は隠し通すのか!
東京都へのパブリックコメントは6月24日まで
メルマガ「健康になる家・暮らしを楽しむ家」
まぐまぐ登録 
https://www.mag2.com/m/0001645709.html
ロシアのウクライナ侵略、核の脅威、コロナによるパンデミック、世界は激変した。資本主義、権威主義は視点を変えなければならない。私たちの暮らしと住宅は、どう変わる?
・3月15日 95回 ノストラダムスの大予言
・3月2日 94回 有事が暴いたこと
・2月11日 93回 住宅は最も身近な環境問題

・2月3日 92回 住宅で消えた500兆円
・1月25日 91回 住宅とGDP
・1月19日 90回 命か、経済か?
 
2021年12月13日(月)13:30~15:30
環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク愛知
オンライン認定式と講習会

申込 kanalle.aichi@gmail.com
環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク愛知
https://ameblo.jp/kankyou-aichi/entry-12704063743.html
・「おかしい」と思わない穂が「おかしい」住宅政策
・矛盾だらけのマッチポンプ住宅

良質な室内空気とは、理論理屈より、事実・効果

新築住宅の空気の品質が悪化しています。
多くの新築住宅が、ホルムアルデヒド濃度基準値をオーバーしています。
子供がアレルギー発症、ホルムアルデヒド高濃度住宅の事例をお伝えします。
書類審査だけのシックハウス対策法は、ザル法です。
24時間換気は化学物質過敏症の解決にはなっていません。
また、子供のほとんどがアレルギー体質というのに、
住宅とアレルギーの関係を解明しようとしない政府・大企業・御用学者・メディア。
不都合な真実を伝えない、真実を隠ぺい、忖度、改竄、責任取らない、、、
そういう政治だから、住宅政策も同じになるのです。
規制、補助金、評定など、真実を追究させない罠が仕掛けられています。
まずは現実を知ること。自分で本質を追究しないと損をする世の中です!
室内の空気が教えてくれます!
さて、矛盾だらけ、理不尽な世の中。
だからこそ、そこにチャンスがあるのです。
 
自然とつながる家・自然と共生する家 空気の品質を測定して、お引渡し。建て主さんも立ち会い、安心、納得!
ホルムアルデヒド濃度0.02~0.05PPM(基準値0.08PPM以下)24時間換気OFFです。
透湿型・高気密高断熱住宅は空気が美味しい。(一般的な防湿型・高気密高断熱住宅では、不可能な数値です)
 
「深呼吸する家」自然を取り込み、自然を楽しむ 透湿高気密高断熱住宅は、自然の力が空気を浄化してくれます。無垢材や漆喰などの天然素材が身心を癒してくれ 、家族の健康を守ってくれます。
「里山の家」家の外でも中でも森林浴!  薪ストーブ、薪ボイラー
住宅は最も身近な環境問題。持続可能な居住とは? 考えてみませんか?
加湿器・空気清浄機・24時間換気・不要。空気がおいしい。透湿高気密高断熱住宅は、トイレの臭いがない! 
赤ちゃんが、何でも口の中に入れたり、舐めたりするのは、なぜ?
魔法瓶のように気密性の高い住宅が一般的に普及しています。そこでは、空気清浄機、24時間換気が使われ、人体に有益な細菌まで死んでしまいます。殺菌剤、消臭剤などを用い、細菌を皆殺しにしようとしています。抗菌仕様で覆うことで、住宅内に細菌が棲めなくなっているのです。しかし、細菌が根絶されたときには、人間も存在していないのです。
人は、生まれた時から、様々な細菌と接し、免疫力を身に付けていきます。体内に多種多様な細菌と共生するほど、免疫力が高くなります。赤ちゃんは、自らの力で細菌を取り込み、免疫力を身に付けけているのです。今、体内に有益な細菌が少なくなっています。体内にいる細菌の組成が変わり、免疫力の調整機能が低下しています。そのため、アレルギー、化学物質過敏症など、様々な症状が現れるていると考えられます。
 
秋田スギ板 触れてるだけで癒される! ティーボード、マウスパッドにも使える
ご注文受付中(お近くの支部にお問合せください) サイズ:200x150x6mm 予定価格:1,200円
  
昨年は売り切れで、ご迷惑お掛けしました。現在制作中です。 
     
     
 
毎日、家庭で森林浴 住んでるだけで健康! 住宅は自然の空調機
深呼吸する家の心地よさ(空気の質)を数値で証明! 断熱性能(外皮平均熱貫流率UA値):北海道基準クリア
 
マイナスイオンテスターによる、マイナスイオン放散量測定領 
ゾノエース(漆喰):596~959個/cc
(森林と同じマイナスイオン数)
・スギ・ヒノキ・ヒバ:0~6個
・参考:石膏ボード、ビニールクロス、珪藻土などは、ほぼ0個
GiAによる空気の品質測定(12項目)
(24時間換気OFF、引渡し前の空気、平均値)
・ホルムアルデヒド:0.034PPM(<0.08)
・参考:他社の防湿型新築住宅(24時間換気ON)4件は、ホルムアルデヒド放散量が、0.18~0.43PPMで、すべて基準値を大きくオーバー
自然の力を生かせば、24時間換気、加湿器、空気清浄機はいらない!

透湿住宅。自然とつながる家は心地よさが違う!
健康なならないわけがない!
新築及びリフォーム建物のお引き渡し時に、空気の品質を測定したデータをお渡しいたします。
24時間換気OFFの状態で、一日を通しての測定記録です。住宅の真の性能をご確認いただけます。
アレルギー、化学物質過敏症、シックハウス、体がスッキリしないなど。それは、お部屋の空気の汚れが原因かも? 
赤ちゃんに危険な日本の住宅。子供(9歳児)の75%がアレルギーという異常な状況。住宅の空気の質を知ってみませんか?

空気がきれいだと、人もイキイキ元気!
コロナ対策、店舗、施設内の空気の質や淀みを測定し、お客様が安心できる空気の空間をつくりましょう!

GiA測定費用:22,000円~(3ヶ所)

深呼吸する家体験館の測定風景
換気無しでも驚異の快適空気質
 
9月30日(水)19:00~21:00 オンラインzoom講演会&交流会
「アレルギーと住宅を考えよう!」 子供の75%がアレルギー、その本態とは?
【第1部 スペシャル講座】
 「健康は住宅で決まる」会長・川田季彦  
 「家具とアレルギー」クルミ谷支部長・牧野泰之
【第2部 最新情報と交流会】
 「空気の空気品質検知器GiAの生かし方」春日井支部長・加藤美奈子
 「協賛企業自己紹介&交流会」
主催:アレルギーと住宅を考える会、
共催:春日井環境アレルギー対策センター
後援:環境アレルギー支援ネットワーク愛知
 
工事中の現場・見学・体感できます 要予約  住んでるだけで健康になる家、暮らしを楽しむ家!
住宅が完成するまでを見れるから安心・納得! 自然の力と天然素材の効果を体感ください。
 深呼吸する家はいつも、空気がきれい、快適な湿度、トイレが臭くない、気持ちいい、癒される…        
①新しい生活スタイル「健康をつくる家」  ②「里山暮らし」モデル 自然との共生
透湿工法・天然素材が生み出す空気の心地よさ。
健康は住宅で決まることを実感します。
・最高の眺望
・広大な敷地
できるだけ電気や化石燃料に依存しない暮らしを楽しみませんか?
 
あなたのお住いの耐震性能をチェックしてみませんか?
酒田市耐震診断士派遣事業(補助事業)
申込は酒田市建築課 酒田市ホームページ
令和2年度は残り8件(8月末現在)
診断料自己負担:10,000円
   
 
さかふくタウンミーティング 2020年1月17日(金)18:00~20:00  
・酒田市総合文化センター411号室(山形県酒田市)
・【第1部】基調講演 川田季彦 【第2部】交流ミーティング
・主催:酒⽥福祉住環境を考える会(さかふく)
・ 共催:一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会
申込先:酒田福祉住環境を考える会事務局 介護老人保険施設うらら内
    酒田市本楯字前田127−2
 
 
アレルギーと住宅を考える会・研修会&会員の集い
2019年7月13日(土)13:30~19:00 講演会・研修会(懇親会:研修会終了後、19:30より近隣にて)
・会場:東京大学弥生キャンパス内(東京都文京区弥生1-1-1)

・会費:研修会5,000円
・懇親会(希望者):19:10~21:00  5,000円(弥生キャンパス内レストラン)
講演(講師)
恒次祐子・東京大学大学院准教授・農学生命科学研究科、
     生物材料科学専攻 材料・住科学講座 木材物理学研究室
鈴木正夫・㈱構造機能科学研究所代表 他
 
パネルディスカッション&意見交換会
 基調演 神﨑隆洋・東京支部長
 パネリスト 山本哲也・富山支部長 他
 コーディネーター 川田季彦
実験報告
 カビ実験報告 宮本昌吾・尾道支部長
 
2018年11月30日(金)大阪
熱い想いが大阪に結集
衣・食・住・医・眠・水・政のコラボレーションが住宅を変える
 『心地よい住宅づくり情報交換会』
◎第1部 13:00~17:00 大阪駅前第二ビル5階・第1研修室
・アレルギーについて 
  構造機能科学研究所所長・鈴木正夫
・透湿住宅実験結果発表 
  ㈱大萬・兵庫営業所所長・玉井俊行(姫路支部長)
・水道水と塩素について
  Waters Inc・社長・川中功
・コーディネーター:㈱ハウスブレイン・代表・菊池啓太

◎第2部 17:00~19:00 大阪駅前第二ビル5階・第2研修室
・ブレーンストーミング
・発表
・まとめ 猪谷勇三(関西支部長)
◎第3部 懇親会 19:30~21:30 

☆セミナー参加費1,000円、懇親会参加費4,000円
(内容や時間割が変更になる場合があります)

〇12月1日(土)オプショナルツアー・大阪市内観光 

◎主催:㈱ハウスブレイン・代表・菊池啓太
    アレルギーと住宅を考える会関西支部

 
 
 
 
 
  【矢田わか子参議院議員と意見交換会】
11月1日、アレルギーと住宅を考える会の支部長の皆様と矢田議員との意見交換会が行われました。
当会のゼロ・アレルギー・ハウスの取組みについて説明し、現在の住宅政策の問題点などについて話し合いました。 住宅と健康に関する勉強会は引き続き行っていきます。
11月30日(大阪)のセミナーに、矢田議員の秘書の方も参加してくれます。子供たちの健康のための家づくりを考え、提言していきましょう。

【矢田わか子議員の活動報告】https://yatawaka.com/activity/2018/11/011856.html…

 
10月27日(土)28日(日)さかた産業フェア 
酒田市国体記念体育館
 
アレルギーと住宅相談会、伝統木構法模型上棟式、
積み木・木組みパズル遊びコーナー他  
1万人近い人が入場されました。
大雨の二日間でしたが、ご来場いただき感謝申し上げます 
 
 9月8日~9日 アレルギーと住宅を考える会・会員の集い KKRホテル大阪
   
全国から37名の支部長と会員に参加いただきました
アレルギーはなぜ増えたのか?
鈴木正夫
構造機能科学研究所
免疫の仕組み=アレルギーの基本理解
市川誠一
鶴岡共立病院
 出版記念講演
断熱で日本を変える
山本哲也
㈱ゼットテクニカ富山
ゼロ・アレルギー・ハウス
川田季彦
川田建築設計事務所
 
 
 第4版増刷 川田季彦著 

川田建築設計事務所

〒998-0838
山形県酒田市山居町1-3-19

TEL 0234-23-4237
FAX 0234-21-2108
kawada@ic-net.or.jp